技術情報

HOME > 技術情報 > ALサーブシステム

ALサーブシステム

安全な受湯・配湯方式 ジャストインタイムの納入

ALサーブ(アルサーブ)システムは豊栄商会の自社開発商品です。本システムは作業者の安全性、作業性向上を目的に開発され、アルミ溶湯のトラック輸送を可能にした取鍋、取鍋内のアルミ重量を管理しながら圧力を制御する加圧減圧装置など、アルミ溶湯販売の豊富な経験とノウハウによって生まれた今までにないシステムです。
本システムに関して30以上の特許を取得しています。

<ALサーブシステムで取得している主な特許>

特許番号 3323489
溶融金属供給用容器
特許番号 3349144
溶融金属供給装置及び溶融金属供給システム
特許番号3492680
安全装置及び溶融金属搬送方法
特許番号3734437
運搬用車両及び溶融金属供給システム
特許番号4240278
取鍋及び取鍋の生産方法

ALサーブシステム

溶湯購入先のメリット

弊社では、アルミの成分、温度を調整して溶湯をお届け致しますので、お客様のダイキャストマシンの手元炉などに直接配湯が可能です。よって、お客様の溶解工程を削減でき、下記のメリットがあります。

  • CO2やダイオキシン類の排出量を削減できます。
  • 溶解設備、人員、管理費などのコストが削減できます。
加圧配湯システムの概要

このシステムはフォークリフトに搭載した加圧減圧装置と専用の加圧式取鍋を用いてアルミ溶湯を溶解炉から受湯して、ダイカストマシン手元炉などへ配湯するものであります。

photo

溶解炉

photo

溶解炉から取鍋への吸引受湯

取鍋からダイカストマシン手元炉への配湯

取鍋内をエアータンクの圧縮空気で加圧して、アルミ溶湯をパイプから吐出します。圧送する圧力を取鍋内の溶湯重量に応じてコントロールし、取鍋内溶湯下限を重量計で検知するか、ダイカストマシン手元炉の満量信号で自動停止します。

加圧配湯のメリット
  • 従来の傾動式取鍋と比較すると高く上げて回転させないので、安全です。
  • 配湯先の炉の湯面上限の信号を取込み、自動停止するので、溶湯があふれません。
  • アルミ溶湯が空気と接触する機会が最小限になるので酸化物が少なくなります。
  • パイプからアルミ溶湯を注ぐので、配湯先に対応しやすくなります。
  • 受湯、配湯を1つの装置でできるので、作業効率がよく生産性が向上します。

photo

取鍋輸送

photo

取鍋からダイキャストマシンへの加圧配湯

当社の事業・技術・開発研究について
ご不明な点・ご相談等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

mail

お問い合わせフォームへ

pagetop